お取扱いメーカー

日本エスコは安全性、耐久性に優れたディスポーザーしかお取扱いいたしません。

日本エスコでは全メーカーのメンテナンスを請け負いますが販売に関しましては厳しい社内基準があります。世界で最も厳しいディスポーザーの規格である米国工業規格(安全性、耐久性、排水性)に準拠できない製品は一切お取り扱いしません。日本のあらゆるディスポーザー社会実験に参加した当社が認めた取扱メーカーは世界基準になり環境、技術的にもご安心してご使用できます。

世界工業規格基準>日本国内適合評価基準

正規品質保証マーク

ディスポーザーの正規品質保証マークは日本国内向け正規製造品として電気用品安全法をクリアし、国際基準である最も厳しい米国工業規格(ANSI/AHAM-FWD1・ASSE-STANDARD-№1008・UL430)及びに国際基準品質を採用した国土交通省・農水省での社会実験使用製品品質に準拠した品質に対し㈱日本エスコが証明している保証マークになり国際的に信頼できる性能試験と日本国内向けに製造された電気世品安全基準を満たした製品になります。特に耐久性・排水性能・粉砕性能・安全性などの基本品質性能や電気用品安全基準を満たさない並行輸入品に不安の場合はこのマークを目安に使用してください。

esco

並行輸入品にご注意

ディスポーザーは電気用品安全法*(以下、電安法)に基づいてPSEマークを表示しなければなりません。
経済産業省ではこの電安法に基づいて、さまざまな電気製品のうちディスポーザーを構造・使用方法・使用状況などにより「特定電気用品」として分類したPSEマークの表示(第三者機関での試験実施)を義務付けています。
ディスポーザーは、PSEマークを付けずに製造、輸入、販売、電気工事で使用することは法律で禁止され、不正な販売や表示をした輸入業者、販売業者、取扱業者は罰則の対象になります。残念ながら大手の販売サイトでも並行輸入品ディスポーザーが多く商品ラインアップされています。
並行輸入品の使用は電圧、周波数の違いから正規のスペックが獲得できず排水管の詰まりの原因になるだけでなく火災など重大事故につながる恐れもあります。
違法製品または心配なユーザー様は弊社窓口までご相談ください。現在使用している製品、またはこれから購入しようとしているディスポーザーが並行輸入かどうかの判定は無償で行いますのでご相談ください。