Google
WWWを検索 サイト内検索
トップページ > ディスポーザーとは? > 世界の大手ディスポーザー製造業者

世界の大手ディスポーザー製造業者

エマソン・エレクトリック(米国) / 日本エマソン株式会社

世界シェア75% ナンバー1メーカー

世界市場占有率70% エマソンとはエマソン社のブランドとして親しまれています。エマソンはディスポーザーを発明した会社であり、自社ブランドの他にも多くの電機メーカーにOEM(相手先ブランド)供給を行っている圧倒的な最大手です。エマソンは年間600万台以上のディスポーザーを製造し、世界市場占有率75%以上という他社の追従を許さない圧倒的な製品力を誇っています。 エマソンディスポーザーは静音性、排水性、デザイン性に優れ、社内工場基準が事実上の業界スタンダードになっており、世界市場に多大な影響力を持っています。日本のディスポーザーに関するあらゆる規格等も米国工業規格やエマソン工場規格を基準参考とされているほどです。
また、エマソンは、米国籍メーカーとしては珍しく日本市場を綿密にマーケティングし日本の住宅事情に合わせたACモデルを投入しています。その為、日本の市場ニーズにマッチしたモデルACシリーズのターゲット層には競合他社がほとんど存在しません。静音性、粉砕能力、デザイン性、耐久性など信頼性も高く、噛み込み等のトラブルがほとんど発生しない事から非常に人気があります。 家庭用は主に標準装備マンションやキッチンメーカー、設備・電器店ルートに流通しています。
業務用も高いトルクと耐久性、省スペース設計を武器にしており、厨房機器販売店に人気があり日本でも多くの空港、施設、大学研究機関、飲食店舗等で利用されています。また、生ゴミ処理機の粉砕心臓部として製造メーカーに出荷されています。
事業母体であるエマソン社はエマソン事業部の他に多くの事業部を抱えており、民間誌の調査では毎年世界有力企業電器部門トップ10内にランキングされる世界有数の大手企業です。
エマソンディスポーザーは、ブランドとユーザーを守るためにインターネット販売などサポート体制が整っていないルートに流通することを嫌い、日本では設備系など現場と直結した施工やアフターのしっかりした会社でないと入手しづらくなっています。しかしこの商流では積極的に営業販売する会社も無い為エンドユーザーには入手しにくいブランドとなっており、並行輸入品なども多く流通しています。

*並行輸入品は電圧差から正規の回転数が得られず配管詰まりの原因になっています。ご注意ください。

NAHB米国グリーン製品認定
NGBS (全米グリーンビルディング規格)において、建築設備資材製品等の中でエマソンディスポーザーは唯一、グリーン製品(エコ製品)として認定されています。米国ではエマソンディスポーザーを設置する事は環境に良い家という評価を得られるのです。

アナハイム・マーケティング・インターナショナル(AMI)(米国)

アナハイム・マーケティング・インターナショナル(AMI)

アナハイム・マーケティング・インターナショナル社(以下AMI)は米国で数十社の製造メーカーが市場乱立、激化後の1988年に誕生し2000年代に製造に乗り出したメーカーです。アナハイムMFG社と似たような社名、似たような商品シルエットで業者間でも区別がつかないくらいです。
AMIの経営陣はアナハイムMFGの技術、マーケティングの責任者が分離し同じアナハイム市に本拠地を構えている為に類似点が多いのです。後発メーカーらしく積極的な営業戦略、ブランド開発により現在では米国の有名大手スーパー中心に販売され最後発ながらもすでにアナハイムMFG社と同程度の市場シェアを獲得。 投資や開発には消極的なアナハイムMFGをシェアで抜くのは後数年と言われています。
AMIディスポーザーの特徴は瞬時に生ゴミを砕くモーターと起動と同時にTOPスピードまで到達しながら安定したトルクを発揮するコンピューター設計によるトルクマスターです。このトルクマスターによりアナハイムMFGと基本構造が同じながらも静音性が向上しています。
また外部カバーに防虫抗菌剤を練り込んだバイオ・シールドを搭載し、直接ターゲット層が競合するアナハイムMFGとの差別化を図っています。

E-Award米国大統領による E-Award賞受賞メーカー
AMIディスポーザーは米国以外の世界各国にも輸出されておりアメリカの輸出の拡大に特に顕著な努力と貢献をしたと認識される個人や会社、組織に対して米国大統領が直接表彰するE-Award賞を米国ディスポーザー業界ではAMIが唯一受賞しています。

アナハイム・マニュファクチャリング・カンパニー(AMC) (米国)

アナハイム・マニュファクチャリング・カンパニー(AMC)

アナハイム・マニュファクチャリング・カンパニー(以下アナハイムMFG社)は米国カリフォルニア州のAMI社の近くに本社があります。1966年にワラウェイ社とクリスタル・ディスポーザー・マニュファクチャリング社が合併しアナハイム・マニュファクチャリング社が誕生しました。
1970年代は「ワラウェイ」「ウエストキング」のブランドが米国で幅を利かせ、1990年代には米国で40%程度の市場シェアを獲得しエマソンに次いで2位にランクした時代も過去にはありました。しかし30年前と変わらない設計、スペックのモデルを現行販売している為、現在の米国市場シェアは激減し一桁台(5~7%)に落ち込んでいます。米国ではエマソンの低価格帯モデル「バジャー」シリーズ(日本未発売)、AMIディスポーザーと競合し低所得者層をターゲットにしています。
日本においては丸紅など大手商社が扱っていた1980年代に一番流通しており、アメリカン・ディスポーザーとして年間2万台程度が販売されていました。
しかし2000年以降に多く参入した後発日本メーカーや、エマソンの静かでコンパクト、消費電力を抑えたECO仕様コンセプトの下に開発された製品に、サイズや運転音が大きく消費電力500Wを越える旧式ディスポーザーは一気にシェアを奪われました。
米国家庭向ディスポーザーを日本の電圧、周波数に変更したディスポーザーの特徴は、瞬時に生ゴミを粉砕処理できる米国らしい馬力勝負です。日本で販売されている他製品と比較するとサイズや運転音が大きい分、余裕のあるハイパワーでガンガン生ゴミを粉砕処理でき、そのタフな仕事はまさにブルトーザー。旧式タイプとはいえ排水性能、安全性等の基本性能は蓄積された技術を持っており、日本国内では同じターゲット層のAMIディスポーザーと競争を繰り広げています。しかし電圧の違う並行輸入品や数十年前の在庫が多く流通したり、サポート体制が確立してないためにリスク回避をする正規業者は取扱わず、個人業者やブローカー間のWEBショップでしか扱われていません。

日本のディスポーザー製造業者

日本

日本では米国の工業規格を参考に簡易化して作成されたBL規格(現在は廃止)、適合評価、PSE法があります。この規格を通過した日本の製造業者は数社あります。静音性に優れた高性能モーター、主にバッチ式(蓋スイッチ)を採用している所が共通点として挙げられ、多くのメーカーがマイコン制御されたモデルを出しています。どのメーカーも静音性を重視している為に電力や起動トルクが低く、処理可能な生ゴミが限定されてしまうという弱みがあり特に家電としては耐久性に課題があります。
この為、説明書通りに取扱わないユーザーのトラブル発生比率が比較的高い傾向にあります。中にはユーザーの使用ミスに過剰反応し日本らしく自動給水システムのディスポーザーも販売されていた時期もありましたが、価格が高い割に自動給水にする必要もなく現在はどのメーカーもラインから外しています。 日本メーカーの多くはディスポーザーと専用処理槽を組み合わせたシステム商品が前提となっているので、ディスポーザー本体だけでは販売してないケースがほとんどです。
1990年代に日本メーカーが数十社参入しましたが、競争激化で採算がとれず撤退や倒産する会社が相次ぎ、現在は4,5社が残るのみです。日本メーカー全社合計のディスポーザー年間総製産台数がエマソン社の工場稼動2日分という販売規模(市場)差の為、開発競争力や品質、耐久性では太刀打ちができないのが現状ですが、ゼネコンやマンションデベロッパーとタッグを組む事によりディスポーザーの販売台数を確保しています。
製品性能が顧客満足度、メンテナンス発生率に直結するだけに今後の基本性能の向上に期待するところです。
昨今ではディスポーザー専用メーカーも登場したとはいえ、総じて日本メーカーの脅威は市場規模の小ささ(*1)から事業部が成り立たなくなり、本業や国内景気によりディスポーザーに携わる事業部自体が撤退の危機にさらされているところです。しかし米国メーカーも逆転不可能と言われる圧倒的シェアを背景に積極的な投資は行っていません。
現在では米国トップメーカーであるエマソンと比較し品質、耐久性、イメージでは上回ることができませんが、過去の家電や自動車のマーケットの歴史同様、投資を控えた世界のトップメーカーの顧客ニーズを反映した物作りで米国メーカーを超える日がくるかもしれません。

*1 日本のディスポーザー市場規模は輸入製造ベースで米国の0.6%

日本のメーカー

中国、台湾メーカー

中国・台湾

これらの製造業者は数多くありますが、その多くが米国ディスポーザーを模写しています。
ほぼフルコピー品なので、排水性能、使用感は日本メーカーより良好な製品ができます。また一部、日本企業が製造委託し撤退したディスポーザーを販売している工場もあります。
しかし生産管理を高いレベルで求められず製品にバラつきがあり、不良品の発生率が高いのが特徴です。 不良品発生時の対応もよくない為に価格に転嫁しなければならず、あまり人気はありません。米国メーカーには到底及びませんが、米国メーカーの中国工場のノウハウが流出しているのか良い製品を作る工場もあります。
現在、日本では中国メーカーのブランドはほとんど販売されていません。

他メーカー

Tweeny
イギリスなどの他メーカーは米国メーカーに次いで良い製品を送り出していましたが、現在はシェアを奪われてしまいました。輸入元が撤退したため日本仕様の正規品は新規販売はされておらず、ごく一部ヨーロッパで販売さているのみです。
ヨーロッパの電機メーカーの多くが米国メーカーに製造委託しています。

何故、米国メーカーが圧倒的な製品力を誇っているのか?

世界の圧倒的トップメーカーであるエマソン社とOEMメーカーのアナハイム社AMC)は共に米国企業です。米国はディスポーザーが発明された国であり1930年代からの長い歴史があります。あらゆる社会実験で安全性が確認された後、法の後押しもありディスポーザーは普及していきました。
米国での厳しい工業規格に裏付けされたディスポーザーは信頼性が高く、日本、中国メーカーのディスポーザーには現在、米国工業規格を通過できるディスポーザーはありません。
米国の長い歴史の中で、何十社ものメーカーがディスポーザー市場の覇権を争ってきました。やがて消費者の支持により勝ち残ったのがエマソン・エレクトリックになり、現在米国では1社で85%という驚くべき市場シェアを誇っています。
米国企業の製造するディスポーザーは、市場競争から勝ち抜いた圧倒的な製品力を誇ります。米国では厳しい工業規格のクリアは最低条件であり、ユーザーに支持されない多くの会社が消えていきました。
そうした厳しい工業規格と市場原理にもまれたディスポーザーは完成度が高く、その信頼から日本での各省庁の社会実験や大規模な設置には米国メーカーのディスポーザーが多く採用されました。

日本エスコが推奨するディスポーザー

日本エスコではディスポーザーをメンテナンスする立場からユーザーの視点で判断します。現在数十社の中から勝ち残ったエマソン社が、1社で世界の市場の独占している状態です。このメーカーの製造するディスポーザーの基本性能、使用感は突出していると言えます。
その背景には米国の市場と歴史があり、特に厳しい工業規格の存在が大きいと言えます。更に大量生産によるコスト競争力、お客様の満足度、メンテナンス発生率、施工のしやすさを考慮すると、世界のディスポーザーユーザーと同じ選択になります。

Tweeny
ショーで米国領事館ブースにて
日本エスコが紹介したエマソンディスポーザー

米国においての工業規格

  • ANSI/AHAM-FWD1 (機械性能に関する規格)
  • ASSE-STANDARD-?1008 (給排水性能に関する規格)
  • UL430 (ディスポーザーの安全に関する規格)
ディスポーザーの修理・故障対応 全国対応いたします! フリーダイヤル0120-101539 お気軽にお電話ください! お問い合わせはこちらから!
このページのトップへ